社員の声

社員の声Meet Our People

デバイス技術部 デバイス技術2課主濱 洋平Yohei Shuhama

2016年 中途入社

お客様第一の意識が品質第一への道です

 私はネットワークのSEとしてキャリアをスタートしましたが、大学時代に電気工学で半導体の材料などの研究をしていたため、半導体に携わる仕事をしたいと考え、転職をした後、当社の入社試験を受けました。面接では本来、自分が質問されて答える流れだと思いますが、私の方から色々と質問をしました。それによって、自分のやりたい仕事ができるのかをしっかり確認したうえで、入社することになりました。
 前の会社とは文化が違いましたから最初は戸惑うこともありましたけど、今は馴染んで仕事をしています(笑)

 現在の私の部署の業務は、製品の立上、移管、品種展開及び歩留まり改善になります。お客様の要求事項を満たし、かつ精度を上げていくためにはどうすればいいかを考えて、日々仕事に取り組んでいます。また、他部署との連携は不可欠でそれぞれの役割を理解していないと務まりません。全体を見て、うまくコントロールしていいモノを作る。視野を広く持って物事を進めていくということが私の性に合っていて、とてもやりがいになっています。

 デンソースピリットにもある「品質第一」とは、品質の重要性を理解したうえで、品質に対する感度を上げ「お客様第一」を意識し業務に取り組むことだと考えています。
 以前の会社では、あまり前に出るとか自分を出すという雰囲気ではなかったのですが、デンソー岩手は自分のやる気がないとやっていけない会社だと思います。だからこそ、自分が成長できているなと感じることができますし、やりがいを持って仕事ができます。
 自分に合う会社に巡り合えたなと思っています。

前のページに戻る